祈願と感謝の日

勝負の神

家紋

秋保神社

次回開催は5月26日(日)

~勝負をしているみなさまを守りたい~

勝負の神・秋保神社が毎月第4日曜日に開催している特別な1日。

祈願と感謝の日について

室町時代より秋保神社の御心霊は、「戦の神」として崇拝されてきました。

現在は、商売繫盛や合格祈願、スポーツやエンタテインメント等の必勝祈願に遠方からの参詣者が絶えません。

秋保神社では、毎月第四日曜日を『祈願と感謝の日』として…、勝負をしているみなさまを守る祈願と心願成就の感謝を報告する時として、『悪運斬り抜刀会』『身代り抜刀会』『勝負の姫君・勝運抜刀会』を執り行い、『勝ち幟』を奉納する特別な1日とさせていただいております。

  • photo 2
  • photo 1
  • photo 3
  • photo 4

悪運斬り抜刀会

勝負に勝つには、悪運を斬る

勝負に勝つためには、自らを取り巻く様々な悪運や疫病神との縁を断ち斬ることが重要です。秋保神社では、悪運・悪縁斬り抜刀の第一人者でもある阿部派一刀流宗家・阿部吉宏をお迎えし悪縁斬り抜刀会を開催しています。

自らが振り下ろす御心刀で悪運を封じ込めた藁を一刀両断。
斬り込んだ藁は自らの御守として持ち帰り北東に掲げることで勝運が宿ると言われています。

詳細はこちら

  • photo 1
  • photo 2
  • photo 3
  • photo 4

悪運斬り身代り抜刀会

勝負に勝つためには、悪運を斬ってもらう

『悪運斬り抜刀会』に参加したいが、自らが御心刀で悪運を封じ込めた藁を斬り込むのは不安がある。遠方や病気のため秋保神社まで行くことが難しい。そんな方々の想いを成就するのが『悪運斬り身代り抜刀会』

悪運・悪縁斬り抜刀の第一人者でもある阿部派一刀流宗家・阿部吉宏が、三畳分の野太い藁畳に28名分の悪運を封じ込み身代りとなって悪運斬り抜刀を執り行います。斬り込んだ藁は御守にして参加者全員にお贈りいたします。

詳細はこちら

  • photo 4
  • photo 1
  • photo 2
  • photo 3

悪運斬り身代り抜刀会

勝負に勝つ続けるためには、勝運を身につける

勝負の場に立つみなさまを守れますように…
努力してきたことが全て発揮できますように…。
大切なひとに勝運が宿りますように…。
勝負している人を称え、勝負の神に感謝を伝えるのが
秋保神社・勝負の姫君 風谷南友。
心願成就した感謝の報告をする。大切なひとの勝運を祈願する。
感謝することで自らに勝運が身につく『勝負の姫君・勝運抜刀』。
勝負の姫君自身の手で『勝ち幟』を奉納させていただきます。

詳細はこちら

  • photo 2
  • photo 3
  • photo 7
  • photo 8

『勝ち幟』に想いを込めて奉納する

秋保神社境内で風になびく無数の幟には、勝負の神へ想いや願いが綴られています。
毎月第四日曜日『感謝と祈願の日』に執り行われる『悪運斬り抜刀会』『身代り抜刀会』『勝負の姫君・勝運抜刀会』に参加いただくみなさまは、この特別な1日に『勝ち幟』を奉納させていただきます。

当日、秋保神社にお越しになったみなさまは自らの手で『勝ち幟』を境内に掲げることもできます。

  • photo 1
  • photo 4
  • photo 5
  • photo 6

『祈願と感謝の日』

この特別な1日に祈願し…、感謝する気持ちが心に宿ることで…、勝負の神が微笑んでくれることでしょう。

日程

概要

開催日

毎月第四日曜日

開催場所

秋保神社

宮城県仙台市太白区秋保町長袋清水久保北22

Googleマップで見る

題目
  • 悪運斬り抜刀会
  • 悪運斬り身代わり抜刀会
  • 勝負の姫君・勝運抜刀会

当日スケジュール

悪運斬り抜刀会

11:45

受付開始

12:00

全体進行説明

12:30

御祈祷

13:00

身代わり抜刀会を御覧ください。

13:30

抜刀体験(練習)

14:00

合同抜刀会(御一人づつ)

15:00

解散

勝負の姫君・勝運抜刀会

11:45

受付開始

12:00

全体進行説明

12:30

御祈祷

13:00

身代わり抜刀会を御覧ください。

13:30

境内にて勝幟の奉納

15:00

解散

ご昼食をお済ませの上、ご参加ください。

お申し込みはこちら

勝負の姫君

勝負の姫君

風谷南友

勝負の女神

勝負の女神

しらいし由梨

勝負の乙女

勝負の乙女

岩屋りか

page top